詳細な内容

RP ラピッド ・ プロトタイピング テクノロジー国際 CNC 模型作りで 5 つの標準的なポイント

  • 2018-06-04 21:49:27
  • kinsei123
  • 2268 Views

RP高速成形技術は、国際CNCモデル製作中の5つの標準分類


高速成形(RP)は、いくつかの時間内に3次元CAD設計のパターンを利用して複雑な部品を直接生産することができます。具体的には、レーザの高速成形(SA手板)、畳層法高速成形(lom)、粉末焼結高速成形(SS手板)、溶融沈積法高速成形(FDM)と3 Dプリントなどの技術に分かれている。1988年に第1台の高速成形システムが発生してから、20種類以上のシステムが開発されてから、各システムにはいくつかの細かい差があります。最初に、これらのシステムは自動車と航空分野に応用され、その後、多くの分野で、例えば、おもちゃ、パソコン、宝石、医薬などの分野で応用されています。


立体光固体化(REA):SA法は最も早い商品化、市場占有率の最も高いRP技術で、光敏感樹脂を原料として、コンピュータは紫外線レーザーを制御して部品の各分層の断面情報によって光敏感樹脂の表面でポイントスキャンを行い、スキャンエリアの樹脂薄層産生光重合反応によって固化して部品を形成する薄い層。1階は固化し終わった後に、作業台は1つの層の厚い距離を下に移して、元に固化した樹脂の表面に新たな液状樹脂をつけて、それから次の階のスキャン加工を行うことができます。新しい固体化の1階はしっかり前の層にくっついていて、このように繰り返して原型の製造が完了するまで繰り返します。


溶融沈積法(FDM):FDM法は1988年に発明された。噴出中に噴出する溶融材料は、X - Y作業台の動きの下、断面形状を基板に敷いて1階1階に加工し、最終的に部品を製造している。商品化されたFDMデバイスの材料の範囲は非常に広いです。例えば、ワックスやナイロン、熱塑性プラスチック、ABSなどが使われています。さらに効率を高めるために多くの噴出をすることができる。


レーザー選別焼結法(SS):SS法は赤外レーザを用いてエネルギーを作り、使用した造形材料は粉末材料として多い。加工の際には、まず粉を少し引いて、その溶点の温度を下回って、それから棒を剃る作用の下で、粉末を平らに敷いておきます。レーザービームは、コンピュータの制御によって、分層の断面情報によって選択的に焼結し、一階に完成してから次の焼き結びを行い、全部焼き終わった後に余分な粉末を取ることができます。焼きたての部品。現在の成熟した工芸材料は蝋粉やビニール粉で、金属粉や陶磁器を使った焼き物を研究している。


畳層法(lom):loM法は1985年に現れた。まず基板上には1枚の箔材(紙のよう)を敷いて、それから一定の電力の赤外線レーザーを使って、コンピューターの制御によって分層情報を押して輪郭を切り出し、同時に部品の一部を一定のグリッド形状に切り裂いて取り除きます。接着剤の作用ですでに成形体にくっついてこの層の形をカットし、このように繰り返し加工済みになる。最後に切り裂いた余分な部分を取り除くと、完全な部品が入手できます。


TAGS: 本文はしばらくラベルを追加していません
コメントリスト コメントなし
コメントを発表する